×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英作文が面白いくらいに書けるコツ

フォーマットな文章を心がけよう!

 

 

 

一つ、英作文を書く上で、重要なことをお教えします。

 

 

アメリカには小学校の授業に「エッセイ」という授業があります。

 

 

日本で言えば作文の授業と言ったところでしょうか。

 

 

いきなりですが、その授業では何が評価基準にされているでしょうか。

 

 

第一に手書きのエッセイは評価が最も低いです。

 

 

大学の授業でもまだ手書きのレポート試験がある日本kらすればこれは驚くべきことです。

 

 

ワープロでフォントや字体も変えていれば評価が高いのだそうです。

 

 

そして次が大事な大事なこと。

 

 

次に重要視されているのが「フォーマット」だそうです。

 

 

フォーマットは日本語にして形式。

 

 

つまり、章立てや自分の主張などが明確に示されているかなどの形式が評価基準になっているのだそうです。

 

 

じゃあ、内容は?

 

 

実は、内容評価の基準には入らず、どうでもいいようなのです。

 

 

日本は完璧に内容主義ですよね。

 

 

つまり、アメリカにおいて、内容どうこうおよりもその文章がきちんとしているか、読みやすいか、

 

 

段落構成はきちんとしているかというところが重要なのです。

 

 

これはビジネス書やEメールなどでも同じです。

 

 

内容よりも形が大事なのです。

 

 

もう英借文の重要性がお分かりいただけたでしょうか?

 

 

下手に日本人がつぎはぎで書いた文よりも内容は悪くても読みやすいコピー&ペーストした文章が好まれるのです。